高橋幸美さん(静岡の電通社員、高橋まつりさんの母親)が可哀想…

どうもゆたきちです。

静岡県出身の電通社員である高橋まつりさんが、
過労により自ら命を絶った事件。

母親である高橋幸美さんが、可哀想すぎます。
もう二度とこんな事件が起こらないで欲しい・・・。

スポンサーリンク


電通で起きた事件に対する考え

今の若者は我慢が足りないとか、
我慢んすることが美徳だとか、
日本では言われています。

今回のような事件が起こった場合だって、
命を絶った人間が、心の弱かったやつだ。
という風に言われることもあります。
僕はそれは間違っていると思います。

僕は上司から罵声を浴びせられても、
ネチネチ文句を言われても、
全く気にしないタイプです。
一晩寝ればケロっと忘れているので。

でも、人には人の性格があります。
傷つきやすくナイーブな人間もいれば、
真面目すぎて我慢してしまう人もいるでしょう。

そういう人に対して、
頑張れ!負けるな!我慢しろ!
なんて酷なことでしかありません。
むしろ、より負担をかける言葉です。

会社の社員は仲間なんですから、
もっと周りの社員で支え合うべきだと思います。
でも、そういうことができる状態じゃないほど、
殺伐とした雰囲気なんでしょうね。きっと。

僕は今回のニュースを見て、
電通か・・・やっぱり。という感想を抱きました。
日本のトップ企業だから、
ものすごい激務なイメージがあったんです。

スポンサーリンク


でも、トップ企業だから激務っておかしいですよね?
日本を代表するトップ企業ですよ?超大手企業だったら、
サービス残業とかサービス出勤とかパワハラとか、
むしろそういうことがあるのがおかしいと思います。
中小企業だからとか、大手企業だからとか、
そういうこと関係なく法律守らないとダメなんですけど。

高橋まつりさんの母親である、
高橋幸美さんが可哀想で仕方ありません。
大事な一人娘ですよ。僕は子供はいないですけど、
それでも残されたものの気持ちを考えると、
胸が痛いです・・・。

はっきり言って、
こういう事件は日本からなくならないと思います。
だって日本企業の業務体制って異常ですもん。

サービス残業当たり前。
サービス出勤当たり前。
モラハラ、パワハラは我慢しろ。

これが当たり前になっている時点で、
今後もこういう事件が
起きてもおかしくないと思います。
昔はもっとこうだったとか、
今の若者は甘ったるいとか、
そんなの関係ないです。法律は法律なんですから。

もう二度とこういう事件が起きないように、
労働基準法に反した会社があれば、
社名を完全に報道してほしいです。
それぐらいのことをしなければ、
日本の労務体制はよくならないですよ。

そんなことしたら、
ほぼ全ての企業が名前公表されそうですけどね・・・

関連記事
⇒ 高橋まつり(電通)の上司は誰?名前や顔を特定せよと話題に。

スポンサーリンク


スポンサーリンク