プラチナエンドのアニメ化や実写映画化はいつ?売上も凄かった!

どうも〜漫画大好きゆたきちです!

小畑健と大場つぐみのタッグで、
ジャンプスクエアに連載をしているプラチナエンド
最近第1話を読んでハマってしまいました。

単行本の売上もかなり良い調子らしいのですが、
アニメ化実写映画化なんてことも有り得るのでしょうか?

時期がいつになるのかを予想してみました!

スポンサーリンク


プラチナエンドの売上は?

2015年12月から、
ジャンプスクエアによって連載されている
プラチナエンド

プラチナエンド アニメ化 実写映画化 売上

デスノートとバクマンを手がけた、
小畑健と大場つぐみのタッグと聞いて、
めちゃくちゃ期待していました!

実際に第1話を見てみると、
さすがデスノートの原作者!
というだけあって、
独特のストーリーで一気に引き込まれました。

デスノートは死神という
キャラが活躍していましたが、
今回はまさか天使が登場してくるとは・・・。

さすが大場つぐみ原作だけあって、
バクマンに出てくる『REVERSI』と、
作風が似ていますね。

さて、そんなプラチナエンドですが、
単行本1巻から売上が10万部を超えるなど、
ジャンプスクエアでは異例のヒット作品です。

週刊少年ジャンプでしたらヒット作は沢山ありますが、
ジャンプスクエアでここまでの売上を誇る漫画は、
そう多くはないはずです。

小畑健と大場つぐみのタッグということで、
話題性は抜群ですし、実際に話も面白い。

それでいて単行本の売上も上々ということは、
アニメ化や実写映画化される可能性は、
十分に考えられると思います。

アニメ化や実写映画化はいつ?

まず、そんなに直ぐに
アニメ化されることはあり得ないでしょう。

プラチナエンドの連載がスタートしたのは、
2015年12月です。2016年8月現在、
単行本はまだ3巻までしか発売されていません。

もしも直ぐにアニメ化がスタートしても、
アニメが原作に追いついてしまいます。
しかも、プラチナエンドは、
デスノートやバクマンと違い、月刊誌での連載です。

スポンサーリンク


プラチナエンド アニメ化 実写映画化 売上

週刊誌ほどのスピードで話は進まないので、
ストックがほとんどありません。

最近のアニメは、第1シーズン、
第2シーズン、第3シーズンと、海外ドラマばりに
シーズン毎に放送することが多いです。

これだと、既に原作が出来上がっている部分までを
アニメで放送できるので、原作を追い越すことはありません。
しかし、それも飽くまでも週刊誌の場合です。

シーズンを1年ぐらい開ければ、
それなりにストックができますが、
月刊誌の場合は直ぐに原作に追いつくでしょう。

よって、アニメ化されるのは、
早くとも2017年後半か、
2018年頃かと思います。

ストーリー内容は少年誌向きではないので、
時間帯は深夜枠で間違いないでしょうね。

ゴールデンタイムで放送すべき内容ではないですし、
スポンサーも付きにくいと思います。

デスノートの時もそうでしたが、
こういった邪道系の漫画は、
人気が出てもアニメ化はしづらいんですよね。
どちらかと言えば、実写映画化向きだと思います。

デスノートも実写化されましたし、
可能性としても十分あり得るでしょう。

ただし、実写化になるより先に、
ほぼ確実にアニメ化が先だと思います。
大抵の漫画作品はその傾向ですから。

実写映画化されるとしたら、
これもまた2018年、2019年頃でしょうね。

主人公の架橋明日は、
福士蒼汰くんのような
さわやかイケメンボーイが適役かと思います!

プラチナエンド アニメ化 実写映画化 売上 プラチナエンド アニメ化 実写映画化 売上

何にしても、
今はまだ映像作品としてではなく、
漫画作品としてプラチナエンドを
楽しんだ方が良さそうです。

まとめ!

プラチナエンドは売上も良い調子なので、
アニメ化、実写化はあり得る話です!

ただし、1年先、2年先の話になるでしょうね。
まだまだ時間は掛かりそうです。

大場つぐみ原作の作品は、邪道な作品が多いので、
直ぐに映像化!とは、中々ならないでしょう。

大場つぐみの正体はなんと・・・この人!?
⇒ 大場つぐみの正体は天才ガモウひろし?本名や性別や素顔に迫る!

スポンサーリンク