きみ夢(ジャンプ+漫画)の評価は下手?感想をまとめてみた!

どうもゆたきちです。最近ジャンプ+で、
きみ夢(命を分けたきみと、人生最後の夢をみる)
という恋愛漫画を読んでいます。

世間の評価は結構辛口で、
「つまらない」「下手」という声もあれば、
「おもしろい」「感動する」という声もあります。
そこで今回は、個人的な感想をまとめてみました!

スポンサーリンク


きみ夢(ジャンプ+漫画)の評価や感想をまとめてみた!

僕の大好きな漫画、
カラダ探しの原作者であるウェルザードさんの作品です!

カラダ探しが物凄い引き込まれる斬新なストーリーだったので、
きみ夢にも期待していたのですが・・・
個人的な感想は、ちょっと期待はずれの漫画でしたね^^;

そもそも、カラダ探しが恐怖感溢れるホラー漫画だったのに対して、
きみ夢は恋愛漫画です。その時点で純粋に2つは比べられません。

きみ夢では、

・幸せを感じると残りの余命が減る
・1日1回は2人で会わなければならない

などの特殊なルールに加えて、

・川村大夢はどんな過去を抱えているのか?
・川村大夢がやり残したことは何なのか?

と、先が気になる
ミステリー的な展開も含まれています。

ただ、最終的には、
美奈と大夢が結ばれるのは目に見えているので、
『この先どうなっちゃうの!!?』という、
ドキドキな展開はあまりありません。

最初はお互いに印象が悪かったが、
時を重ねるごとに惹かれあって・・・
という王道なストーリーでしょう。

スポンサーリンク


単純に好みの問題ではありますが、
僕はカラダ探しのようなミステリー系の話が好きなので、
そういう意味できみ夢の評価は低くなってしまいます。

カラダ探しとは全く違う、純粋な恋愛漫画なので、
『ピュアな恋愛漫画が大好きだ!』という、
中高生の女性なんかにはウケる作品かもしれませんね。

そもそも、ウェルザードさんは、
ケータイ小説向けの作品を書いている作家さんです。
ケータイ小説のメインのターゲットは女子中高生。
そう考えると、きみ夢はケータイ小説としてはヒットしたのが頷けます。

ただ、ジャンプ+の場合、主な読者は男子中高生です。
(僕は20歳過ぎた良い大人ですけど 笑)
やはり男子中高生がターゲットになると、
カラダ探しのような刺激的な作品の方が、好まれるんでしょうね。

なんだか思いっきり上から目線になってしまいました^ ^;
個人的な評価や感想としては、カラダ探しのような真新しさがなく、
どこにでもありそうな純愛物語になっているので、
そこまで惹き込まれる作品ではありません。

・・・ただ、この先の展開でもしかしたら、
超絶面白いストーリーになっていく可能性もあるので、
とりあえず毎週読んでいこうと思います!

きみ夢が無料で読める漫画アプリ、
ジャンプ+は次のURLからダウンロード可能です!

iPhoneの場合 ⇒ ジャンプ+の無料ダウンロードページはこちら!
アンドロイドの場合 ⇒ ジャンプ+の無料ダウンロードページはこちら!

カラダ探しも無料で読めるので、
ぜひダウンロードして読んでみてくださいね。

スポンサーリンク