水泳は身長が伸びる?伸びない?成長ホルモンの関係を調べてみた!

どうも〜ダイエットと筋トレのために
毎日水泳をしているゆたきちです!

僕は20代後半にして身長を伸ばしたいのですが、
水泳は身長が伸びるという話と、
逆に身長が伸びないという話を聞いたことがあります。

果たして真相はどちらなのか?
成長ホルモンとの関係も調べてみました!

スポンサーリンク


水泳で身長を伸ばすには?

細マッチョを目指すためにはじめた水泳ですが、
毎日泳ぎはじめて1ヶ月が経ちました。
身体が良い感じで絞られて、適度な筋肉がついてきています。

しかし、僕にはダイエット効果や筋肉増加効果以上に、
気になることがあるのです。それが、
水泳をすると身長が伸びるのかどうか?ということです。

僕は20代後半で身長が177センチあるので、
贅沢な悩みだとは思っているのですが、あと3センチ伸ばして、
夢の180センチ代の大台に乗せたいと思っています。

この年齢になってから身長を伸ばすのは
難しいとはわかっているのですが、
少しでも可能性があるなら賭けてみたいです!
世の男性諸君ならこの気持ちをわかってくれるはず!笑

『男性の身長1センチの悩みは、
女性の体重2キロの悩みに匹敵する』
と言われているぐらいですから。

まず、水泳の効果の前に、
身長が伸びるために重要なお話があります。
それが、『骨端線』です。

骨端線とは骨と骨のつなぎ目のことで、
これが開いていれば身長が伸びるのですが、
閉じていれば身長は伸びません。画像を見てみましょう。

この骨と骨の間にあるのが骨端線であり、
これは開いている状態です。
この状態であれば、身長を伸ばすことができます。

これは骨端線が閉じている状態。
こうなってしまうと、どう頑張っても身長は伸びません。

身長が大きく伸びるのは10〜17歳の第二次成長期であり、
男性であれば『25歳頃』、女性は『22歳頃』で、
骨端線が閉じると言われています。

もちろん、これに関しては個人差はありますが、
一般的にはその前まででしたら、
身長が伸びる可能性があるということですね。

ちなみに、骨端線が開いているか閉じているかは、
レントゲンを見ない限りはわかりません。
気軽に確認できないのが難点ですね。

水泳は身長が伸びる?伸びない?

さてさて、骨端線が開いている状態で、
水泳をすれば身長が伸びるのか?それとも伸びないのか?
それについて調べてみました。
結論から言えば、水泳をしている人は身長が伸びやすいです。

スポンサーリンク


身長は、骨に刺激が加わると伸びやすくなります。
バスケやバレーの選手は身長が高い人が多いですが、
それはジャンプによって骨に刺激が加わるからです。
縄跳びなんかも同様に、身長が伸びやすいと言われています。

肝心の水泳は、全身の筋肉をバランスよく使う全身運動です。
そのため、全身の骨に適度な刺激を与えてくれます。
陸上で行う運動に比べても、身体にかかる負荷も少なくて効果的です。

特に身長は、縦方向に刺激が加わると伸びやすいので、
縦に体を伸ばすクロールなんかはオススメですね。

水泳と成長ホルモンの関係は?

水泳が身長を伸びやすくしてくれる理由がもう一つあります。
それが成長ホルモンの分泌です。
水泳は、水の中に潜っている間は息を止めているので、
無酸素運動に分類されます。

無酸素運動というのは、身体に負荷がかかるため、
その負荷を修復させようと成長ホルモンが分泌されるんです。
成長ホルモンの分泌は、身長アップに繫がります。

ちなみに酸素を吸って運動をするのは有酸素運動と言います。
ランニングや球技など、全般のスポーツは有酸素運動ですね。
有酸素運動は、アドレナリンとリパートという成分が身体に分泌されます。
これは、脂肪燃焼につながる成分であり、ダイエットに効果的です。

水泳は無酸素運動に加えて、息継ぎの時に有酸素運動が行われます。
つまり、成長ホルモンを分泌させる無酸素運動と、
脂肪燃焼効果のある有酸素運動の組み合わせです。

これによって、身長が伸びやすくなり、
さらに引き締まったスリムな体型になります。
つまり水泳は、身長アップとダイエットという、
一石二鳥の効果を持った運動なんですね。

水泳の身長アップ効果を更に高めるには?

身長アップに一番重要なのは、
バランスの良い食事と規則正しい生活です。
いくら水泳をしたからといって、毎日カップ麺生活や、
昼夜逆転生活を送っていては効果が半減してしまいます。

そのためにも、成長ホルモンが多く分泌させる
午後10時〜午前2時には眠るようにして、
バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

バランスの良い食事とは、人間に必要な三大栄養素である、
『タンパク質』『脂質』『炭水化物』をバランスよく摂取すること!

タンパク質
・・・肉類、魚類、卵類、大豆製品、乳製品など

脂質
・・・肉類、魚類など

炭水化物
・・・米類、パン類、麺類など

これに加えて、腸内環境を整えてくれる
『食物繊維』(野菜)もきちんと食べましょう。

適度な運動、バランスのとれた食事、正しい睡眠、
この3つが揃うことによって、
更に身長が伸びやすくなりますよ!

スポンサーリンク