水泳ダイエットの1ヶ月の効果!週4〜毎日泳げば痩せるのか?

どうも〜ダイエットのために
毎日水泳で泳いでいるゆたきちです!

水泳ダイエットをはじめて早1ヶ月。
かなり身体が引き締まって、
程よく筋肉がついてきました。

そもそも水泳ダイエットは、
週にどのぐらいの頻度で泳げば痩せるのか?
週2、週4、それとも毎日?

今回は僕が水泳ダイエットを
1ヶ月間続けた効果について書いていきます!

スポンサーリンク


水泳ダイエットの1ヶ月の効果!

身体を引き締めて筋肉をつけよう!
そう思ってはじめた水泳ダイエット。
早いもので1ヶ月が経過しました。
水泳は全身運動なので、バランスよく身体が鍛えられます。

更に成長ホルモンが分泌される無酸素運動と、
脂肪燃焼を促進させる有酸素運動の組み合わせなので、
スリムな体型になりやすいんです。
いわゆる、スイマーに多い、細マッチョという体型ですね。

無酸素運動と有酸素運動の説明は、
こちらの記事で詳しく説明しています。
⇒ 水泳は身長が伸びる?伸びない?成長ホルモンの関係を調べてみた!

それでは、実際に僕が水泳ダイエットをはじめる前と、
1ヶ月間続けた後での変化について記載します。

水泳ダイエット前のデータ
身長 : 178センチ
体重 : 65,6キロ
体脂肪: 15.8パーセント

身長178センチに対して65,6キロなので、
体型としてはほぼ平均的な体型です。
数値だけ見るとダイエットをする必要はないのですが、
年齢とともに身体がたるんできました。

お腹周りに余分な贅肉がついたり、
腕や太ももが太くなってきたり・・・
30目前にして中年太りまっしぐら!
という感じですね 笑

やはり30過ぎたら、
程よく筋肉のついた引き締まった身体にしたい!
と思い、水泳ダイエットを試みました。
1ヶ月間続けた効果がこちら!

身長 : 178センチ
体重 : 62,5キロ
体脂肪: 13.7パーセント

体重は3,1キロ減、体脂肪は2,1パーセント減です。
見た目的にも明らかに身体が引き締まり、
うっすらと6パックの腹筋も見えてきました。

1ヶ月間のダイエット効果としては
まずまずじゃないでしょうか?

同じ体重だとしても、
筋肉がついているかどうかで全く見た目が違うので、
やはりダイエットには運動が必須ですね。

水泳ダイエットの頻度は週4〜毎日?

水泳ダイエットをはじめて1ヶ月間、
『具体的にどれぐらいの頻度で泳いでいたのか?』
ということですが、僕の場合はほぼ毎日泳いでいました。
30日中28日は、25メートルプールで1時間のクロールをしています。

25メートルプールをノンストップで20往復していたので、
距離にして1キロを毎回泳ぎ続けていました。
体型、スピード、時間、距離、フォームによって変わってきますが、
クロールを1時間続けた場合の消費カロリーは、
600〜1,200キロカロリーにも及ぶらしいです。

ランニングの消費カロリーは、
1時間で200〜400キロカロリー程度なので、
それに比べてどれだけ水泳が効果が高いかわかるでしょう。
(飽くまでも目安であり、体型や距離によって変わります。)

それでいて、水の中では身体にかかる負担も少なく、
怪我をしたり、身体を痛める心配があまりありません。
水泳がダイエットに最適と言われる理由の一つですね。

スポンサーリンク


僕の場合は毎日泳いでいましたが、
結局は続けることに意味があります。

最初に意気込んで毎日泳ぐぞ!と思ったとしても、
面倒になって3日坊主になっていは意味がありません。
特に運動が苦手な人はいきなり毎日は厳しいと思うので、
最初は週2ぐらいからはじめることをお勧めします。

慣れてきたら、週3、週4程度に増やしていき、
泳ぐのが面白い!と感じてきたら、
毎日泳ぐようにすると良いですね。

水泳はダイエット効果以外にも、
ストレス解消など、
精神的な面でも嬉しい効果があります。

息を止めておくことで肺が鍛えられるので、
肺活量が増えて歌が上手くなる・・・といった、
カラオケ上達の効果もあるそうです 笑

水泳はメリットが満載の運動です。
目標体重を達成したからといって辞めてしまうのではなく、
ダイエット成功後も定期的に続けていくことをお勧めします。

水泳ダイエットは食事にも気をつけるべき?

健康的にダイエットをしたいのであれば、
バランスのとれた食事、適度な運動が必要です。

普段の生活の中に水泳を取り入れるだけでも
ダイエット効果は期待できますが、
食事を改善することによって、
ダイエット効果を更に高めることができます。

僕が1ヶ月間で3キロのダイエットに成功したのも、
水泳という運動に加え、食事も改善したからです。
・・・とは言っても、別に大それたことはしていません。

普段食べているお菓子を低糖質のものへ変えたり、
米・パン・麺などの炭水化物を少なめにして、
たんぱく質が豊富な鶏肉を食べたり、
腸内環境を整えるためにキャベツを多く摂取したり、
その程度のことです。はっきり言って我慢はしていません。

特に鶏肉は低カロリーで高たんぱくなので、
筋肉がつきやすく、ダイエットには最適な食品です。
今ではサラダチキンがどこのコンビニでも買えるので、
ダイエットに取り入れてみてください。

炭水化物は太りやすいですが、人間が生活していく上では必須です。
必要以上に摂取してしまうことが悪いのであって、
適度に摂取する上では何も悪いことはありません。

ユーチューバーの瀬戸康史さんが、
糖質制限ダイエットについて詳しく説明してくれています。

普通のパンよりも糖質を抑えた、
ブランパンという食品があるので、
こちらを食事に取り入れるのがお勧めですね。
⇒ ブランパンは太るのか?太らないのか?効果的な食べ方をチェック!

健康的に痩せるためには、運動と食事の2つが必至です。
別に鬼のような食事制限をしなくても、
バランスのとれた食事をして、
適度に水泳をしていれば十分痩せられます。

正直、僕は1ヶ月間キツイと思ったことは一度もありません。
継続することが一番だと思っていたので、
そこまで極端な食事制限はしていませんし、
水泳も泳ぐのが好きで行なっていただけです。

継続できなければ意味がないので、
まずは週1から水泳を取り入れてみる。
主食をブランパンに変えてみる。など、
小さなことから始めてみましょう。

無理せずできる範囲からコツコツやっていくことが、
ダイエットを長続きさせるポイントですよ!

スポンサーリンク